hdd認識しないとき、最善の対処法とは?

HOME » hdd故障と修理の基礎知識 » 故障の前兆とは

故障の前兆とは

ここでは、hdd故障の前兆となる症状の例を紹介しています。

トラブルの前兆を見逃さない

脅かすようですが「hdd認識しない」「pcが起動しない」という故障は、ある日突然に起こります。いつものようにパソコンの電源を入れてファイルを開こうとするとHDDがマウントしない。「おや?」と思って再起動すると、今度はパソコンが起動しない・・これは決して珍しいことではありません。

当たり前のように動くものと思い込んでいたのが、突然のトラブル。パニックに陥ってしまうのも仕方ないかも知れません。しかし「突然」とは言うものの、実は正しい知識を持って注意していればhddの故障には必ず前兆と呼べる症状が表われているのです。

対応スピードの速い業者NO.1は?データ復旧業者ランキングを発表>>

hdd認識しない症状の前兆

ハードディスクドライブに何らかのトラブルが起こり始めたときに、よく見られる「前兆」を上げてみましょう。HDDのトラブルにはソフト的トラブルの「論理障害」とハード的トラブルの「物理障害」があります。

【論理障害】主に「ファイルを消してしまった」などの人為的トラブルが多いですが、ウィルスによるものやOSのトラブルなど人為的でないものも含まれます。

  • フリーズすることが多くなった
  • 動作が遅くなったように感じる
  • しょっちゅうスキャンディスクをする
  • エラーメッセージが出て起動できないことがある

【物理障害】ハードディスクドライブの磁気ヘッドの破損など、機械的・電気的トラブルを言います。

  • ファイルのコピーや保存ができないことがある
  • 特定のフォルダやファイルが開かない
  • 開かないアプリケーションが有る
  • 急に電源が落ちる
  • 勝手に再起動することがある
  • HDDのフォーマットを要求される
  • 「カチカチ」「ブーン」などの音がする
  • ふと焦げ臭いような臭いに気付く

パソコンには「たまたま」というような不確定要素がありません。上記のような症状が表われたときは、ほぼ確実にハードディスクドライブにトラブルが起こっていると考えるべきでしょう。

論理障害に思えるトラブルが物理障害だったり、逆の場合もありますので、素人判断しないで早期に専門業者に診断・メンテナンスを依頼した方が安全です。

 
hdd認識しない時のデータ復元業者選び