hdd認識しないとき、最善の対処法とは?

HOME » hdd故障と修理の基礎知識 » 自分で修理するには

自分で修理するには

ここでは、自力でhddを復旧する方法について紹介します。

大切なデータの復旧は専門業者に任せる

結論から言うと、絶対に失われてはいけないデータが記録されたhddを自分で修理するのは避けるべきです。素人の操作によってデータ復旧を試みて失敗した場合、最初の状態よりもデータ復旧はさらに困難なものになってしまう場合が多いからです。自分でデータ復旧をして失敗したら専門業者に任せることになるなら、最初から業者に任せるのが賢い選択です。

しかし個人で使用しているパソコンや、会社で使っているものでも、データ復旧に失敗しても諦めが付くという程度なら自己責任で復旧を試みるのもひとつの選択かも知れません。自分でできるデータ復旧にはどのような方法があるのか、代表的なものを見てみましょう。

自己修理は危険!データ復旧業者の比較ランキングをチェック>>

外付けハードディスクとして復旧する

まず最初にhddの損傷が、自分で修理できる種類のものかどうかを判断しなければなりません。自分で修理が可能な損傷とは「論理障害」と呼ばれるソフト的なトラブルによる障害で、これに対して機械(ハード)的な損傷である「物理障害」の修復は個人ではまず不可能です。

トラブルが「論理障害」か「物理障害」かを見分けるためには、次の手順を行います。

復旧するhddを外付けにする

内蔵のハードディスクを取り出して、USB変換ケーブルで別の正常に動作するパソコンに繋げます。ハードディスクの取り出し方については詳しく解説しているサイトがあるので、参考にしてください。USB変換ケーブルは復旧するハードディスクの端子と同タイプのものを用意します。

「マイコンピューター」をクリック

Windowsを起動して「スタート」から「マイコンピューター」をクリックして開きます。

表示されたディスクを確認します

USB変換ケーブルでつないだハードディスクが外付けハードディスクとして「マイコンピューター」に表示されます。表示されない場合は「物理障害」の可能性が高いので、それ以上の操作は諦めた方が安全です。外付けハードディスクとして正常に表示されれば、次の操作によってデータを復旧できる可能性があります。

フォルダを接続したpcに移動する

USB変換ケーブルでpc本体につないだハードディスクが「外付けハードディスク」として正常に表示されていたら、クリックして内容を開きます。データが破損していなければ幾つかのフォルダが表示されるので、それをひとつずつpc本体に移動していきます。

ファイルの収納場所

容量などの理由で全てのフォルダをコピーすることが不可能な場合は、必要なファイルだけを見付けてコピーします。Windowsの場合「Documents and Settings」フォルダの「ユーザ名フォルダ」の中に「My Documents」や「デスクトップ」「お気に入り」が保存されています。

またMacの場合はハードディスクを取り出さなくてもLANケーブル接続で「ターゲットモード」を利用してデータの移動を行うことも可能です。ターゲットモードの詳細はappleホームページをご参照ください。

 
hdd認識しない時のデータ復元業者選び