hdd認識しないとき、最善の対処法とは?

HOME » hdd故障と修理の基礎知識 » データ復元業者を選ぶときの注意点

データ復元業者を選ぶときの注意点

ここでは、hddの復元を依頼する業者選びのポイントについて、ホームページから判断できる方法を紹介します。

ホームページから業者を見抜く方法

大切なデータが記録されたhddの復元を、市販ソフトなどを使って自分で行おうとするのは危険なことです。トラブルの原因も解らずにhddに何度も通電して動かすことは、最悪の場合プロの業者でも完全にはデータ復旧できない状態にしてしまうことが有るからです。それではプロのデータ復旧業者に依頼すれば、間違いなく大切なデータは戻ってくるのでしょうか?残念なことに答えは「NO!」です。

最近ではインターネットで業者を探すことが普通になりました。確かにインターネットでは多くの業者が自社の特徴などを詳しく紹介しているため、短時間で大量の情報を得ることができます。しかし実質的に厳格な規制がないインターネット上には、事実と反する宣伝や危険な情報も増えているのが実情です。プロを名乗っていても実体は開業届も出していない素人同然だったり、サイトの運営者が企業であっても全くの他業種ということもあるので、充分な注意が必要です。

データ復旧の業者ホームページには「トップクラスの実績」や「業界一のシェアを誇る」「万全のセキュリティ」などの言葉が並んでいます。これらの言葉が真実であるかどうか見抜くためには、「実績」や「シェア」「セキュリティ」について説明しているページを探すと良いでしょう。それらのキャッチコピーは言わば業者のアピールポイントなのですから、事実ならばホームページの目立つ場所で根拠の説明をしているはずです。「実績」をうたいながら実績についての説明がない。「シェア」と言いながらシェア何%の記載がないというような場合は、疑って掛かった方が安全かも知れません。

対応スピードやセキュリティ、口コミでデータ復旧業者をランキング!

注意が必要な業者のサービス

もう少し踏み込んでデータ復旧業者のサービスを考えてみましょう。最近はデータ復旧の業界も競争が激化して、それぞれで顧客を獲得するための様々な戦略が展開されています。

  • 電話1本で全国出張復旧サービス
  • 復旧可能データのリストを提出

一見すると他の業者より良質のサービスを提供しているように思えるのですが、これらのサービスをデータ復旧の専門業者が見ると例外なく首を捻ります。わざわざhddを外したり梱包して送ったりしなくても、専門業者が無料で出張して現場で修復してくれたら確かに便利です。

しかし、トラブルの原因は調べてみるまで解りません。実際に調べると部品が必要なことが解ったり、物理障害の場合はhddを分解することが必要な場合もあるでしょう。hddは精密機器のため、埃が入らないクリーンルームでないと分解することができません。結局その場では修理できず工場に送るということになれば、直接工場に送って修理を依頼した場合より余計な時間がかかってしまいます。出張サービスは、かえって遅いというのがデータ復旧業界の常識です。

また初期調査の段階で復旧可能なデータのリストを提出して、それを見た上でデータ復旧を依頼するかどうか決められるというサービスがあります。確か に論理障害では復旧できるデータのリストを作成することは可能です。しかしhddが機械的に破損している物理障害の場合、hddの復元が完了しなければ データのリストを取り出すことは不可能です。つまり「論理障害でも物理障害でも」復旧可能なデータのリストを提出できるということは、初期調査と言いなが ら実は既にhddの復旧が完了しているということに他なりません。

そのままデータ復旧をその業者に依頼するなら良いのですが、復旧をキャンセルした場合、会社の機密を含むデータはどうなってしまうのでしょうか。正式に依頼していないのに勝手にデータ復旧を行ってしまう業者にも、充分な注意が必要でしょう。

 

価格よりも技術と実績、セキュリティ対策

悪質な業者に引っ掛からないためには、安さばかりに目を奪われないことも大切です。簡単な論理障害の場合は素人でも市販ソフトを使ってデータ復旧できることがあります。たとえば何度か市販のデータ復元ソフトを使ったことがあるだけの人が、プロの業者を名乗って「一律9,800円」などという低価格でデータ復旧を引き受けていたとしたらどうでしょう。

市販ソフトでは復旧できないような深刻なトラブルの場合、最悪の場合はデータが失われてしまうという最悪の事態を招くかも知れません。あるいは記憶されている機密情報が外部に漏れてしまうかも知れません。データ復旧を業者に頼むためには、価格よりも裏付けの有る技術と実績、そしてセキュリティーに対する万全の対策が不可欠なのです。

業者の実態を把握するためには、ホームページで公開されている口コミ情報も役立ちます。特に企業や担当者の実名入りで公開されている口コミは、その企業とデータ復旧業者との信頼関係を表すものでもありますから、そのような情報を公開している場合は信頼できる業者と考えても失敗は少ないでしょう。逆に口コミを一切公表していないデータ復旧業者は「公表できない理由」が有るのかも知れないと考えた方が良いでしょう。

 
hdd認識しない時のデータ復元業者選び