hdd認識しないとき、最善の対処法とは?

HOME » hdd認識しない際の症状と原因 » OSに認識されない

OSに認識されない

ここでは、「コンピュータにハードディスクドライブがインストールされていませんでした」と表示される場合の対処法を紹介します。

OS起動前にhddが認識されない

「ご迷惑をおかけしております。windowsが正しく開始できませんでした。」とメッセージが出る場合は、何らかの原因でOSがインストールされているhddにアクセスできなかったことが考えられます。セーフモードで起動してシステムの復元で修復されれば良いのですが、修復できない場合はhddが破損している可能性が高く、多くの場合hddの交換で対処することになります。

hdd交換の後にWindowsをインストールし直せばパソコンの修復は完了しますが、壊れたhddに記録されたファイルなどのデータはそのまま古いhddに残ってしまいます。大切なデータが含まれている場合は、無理に自分で取り出そうとしないで専門業者に依頼するのが安全でしょう。

hdd交換後のエラーメッセージ

hddを交換後にWindowsの再インストールを行おうとすると「コンピュータにハードディスクドライブがインストールされていませんでした」というメッセージが出て、インストールの続行ができないことがあります。

これは交換した新しいhdd用のコントローラー(ドライバー)とシステム搭載のコントローラーが一致しないために出るメッセージで、ハードのメーカーホームページなどで解決法を調べられますが、慣れない操作で相当な時間がかかることもあります。データ復旧を専門業者に依頼するなら、hdd交換から全ての作業を任せてしまった方が賢明だと言えるでしょう。

OS起動後にhdd認識しない

Windowsは正常に起動するがデータが入っている内蔵hddなどが認識されず、データにアクセスできない場合があります。hddが破損している可能性もありますが、確認のために次の手順を行って、それでも解決できない場合は専門のデータ復旧業者に相談してください。

  • ケーブルの確認をする
    hddに接続している電源ケーブルやフラットケーブル、SerialATAケーブルが正しく接続されているか確認します。ケーブルを交換することで改善されることがあるので、ケーブルが複数ある場合は入れ替えるなどして接続し直します。
  • BIOSのアップデート
    BIOSのバージョンが低いために正常に認識できない場合があります。BIOSがバージョンアップされている場合は、アップデートを実行します。
  • 周辺機器を外す
    他の周辺機器が影響して正常に認識されない場合があります。周辺機器を取り外した状態で、認識されるか確認を行います。 

また、Windowsではhddを新たに増設した場合、接続したハードディスクのフォーマットを行わないとOS上で認識されないのが普通です。hddを増設した際には、必ずフォーマットを行うようにしてください。

 
hdd認識しない時のデータ復元業者選び