hdd認識しないとき、最善の対処法とは?

HOME » hdd認識しない際の症状と原因 » OSには認識されるがアクセスできない

OSには認識されるがアクセスできない

ここでは、Windowsからhddが見えていてもアクセスしようとするとエラーメッセージが出る場合の修復方法について解説します。

「今すぐフォーマットしますか?」

データが入っているhddにアクセスしようとすると「ディスクはフォーマットされていません」というエラーメッセージ。「今すぐフォーマットしますか?」と聞かれます。

もちろん「はい(Y)」をクリックしてはいけません

今まで普通に使っていたhddなのだからフォーマットされていないはずがありません。混乱して「はい」をクリックしたら最後、hddに記憶されていたデータは失われてしまいます(専門業者による復旧は可能です)。

このエラーメッセージが出るのは、hddのファイルシステムをWindowsが認識できないためです。ファイルシステムは「データの収納方法」と考えて良いかも知れません。データを記録している方式が何らかの理由により特定できなくなってしまったため、hddに記録されているデータが読めなくなってしまっているわけです。それをWindowsが読める方式に変換させようとするため「フォーマットしますか?」と聞いているのです。

フォーマットしないでhddを修復するためには「TestDisk」というツールを使います。「TestDisk」はhddとパーティションの記録方式の情報を修復してくれる強力なツールで、修復に成功するとhddへのアクセスが可能になります。しかし「ディスクはフォーマットされていません」というエラーメッセージはhddの物理的障害(破損など)の場合にも表示されることがあります。この場合は「TestDisk」の使用によって状態をさらに悪化させてしまうことがあるので、大事なデータが含まれている場合は自分で復旧しようとしないで、技術のある業者に依頼した方が良いでしょう。

復旧業者に依頼した場合にかかる費用をCHECK!>>

「パラメータが間違っています」

もっと漠然としたエラーメッセージには、hddにアクセスしようとしたときの「・・にアクセスできません。パラメータが間違っています。」があります。パラメータの設定などした覚えはないのですから「間違っています」と言われても、何をどうすれば良いのか解りません。

パラメータの修復には「TestDisk」が有効です。「TestDisk」ではほとんどの作業が自動的に行われるため、簡単なパラメータの修復ならユーザが意識しないうちに回復されてしまうこともあります。

「読み取ることができません」

「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」というエラーメッセージが出て、特定のファイルやフォルダ、hddなどにアクセスできなくなることがあります。メッセージの下には「CHKDSKユーティリティを実行してください。」と続きます。

「CHKDSK」とは「チェックディスク(check disk)」のことです。一昔前のWindowsの修復はDOSコマンドによって行われていたため、少々解りにくいDOSコマンドがユーティリティの名称として未だに使用されています。チェックディスクは名前の通り、ディスクをチェックしてくれるツールです。しかしそのままでは、チェックしかしてくれません。

「CHKDSK」で修復を行うためには、実行の前に「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」「不良セクタをスキャンし、回復する」などのオプションにチェックを入れる必要があります。hddの状態によってはデータが破損したり状況が悪化することもあるので、失われてはいけないファイルなどがある場合は自分で行わずデータ復旧業者に相談するのが賢明でしょう。

 
hdd認識しない時のデータ復元業者選び