hdd認識しないとき、最善の対処法とは?

HOME » hdd認識しない際の症状と原因 » OSが起動しない

OSが起動しない

ここでは、「windowsを開始できませんでした」というようなメッセージが出てOSが起動しないときの原因と対処法を解説します。

windowsを開始できませんでした

いつも通りにパソコンの電源を入れて待つことしばし「windowsを開始できませんでした」と黒い画面のメッセージ。心臓に悪い画面です。これはWindowsにインストールしたソフトウェアやドライバーが原因で起こることが多いようですが、hddやメモリの破損でも同様の症状が現れることがあるので、原因を特定しにくいのが難点です。

起動時にこの画面が表われると、30秒後にWindowsは自動的に再起動を試みます。再起動でWindowsが正常に起動したら、最近インストールしたソフトなどの心当たりがあれば一旦削除してみると良いかも知れません。それで「windowsを開始できませんでした」という画面が出なくなれば、原因はそのソフトウェアだったということになります。

システムの復元

再起動を何回繰り返してもWindowsが正常に開始できない場合、セーフモードでの起動を試します。セーフモードで起動できたら「システムの復元」で正常に起動していたときの状態にシステムを戻します。

ソフト的な原因による一時的な不調の場合は、これで正常に起動するようになるでしょう。もしそれでも「windowsを開始できませんでした」のメッセージが出るようなら、リカバリ(Windowsをインストールし直す)するしかありませんが、もちろんリカバリすることで記憶されていたデータは全て失われます。無くなっては困るデータが含まれている場合は、データ復旧業者に復旧を依頼することになるでしょう。

直らなければ専門業者に依頼する

「システムの復元」でWindowsが正常な状態に戻らない場合は、機械的な故障である「物理障害」の可能性が高いと考えた方が良いでしょう。

手を尽くしてもOSが起動しない焦りや苛立ちは、思い掛けないミスを引き起こしてしまうことがあります。データ復旧で持ち込まれるhddの中に「自分でデータを消してしまった」という例が多いことからも、異常事の冷静な対処が難しいことがうかがえます。「システムの復元」でも正常に戻らないときは、迷わずにデータ復旧専門業者に相談してください。

PCの非常時に頼れるデータ復旧業者を比較しています

 
hdd認識しない時のデータ復元業者選び