hdd認識しないとき、最善の対処法とは?

HOME » hdd認識しない際の症状と原因 » その他の動作不良

その他の動作不良

ここでは、hddが正常に認識されない場合、自分で修復を試みると危険な「物理障害」の見分け方を説明しています。

「物理障害」は専門業者に依頼

hdd認識しないような症状の場合、原因として考えられるものには「論理障害」と「物理障害」があります。

「論理障害」はOSやパラメータの不具合など、機械的には破損していないけれど正常に動作しない状態です。「論理障害」の場合「TestDisk」や「スキャンディスク」によって簡単に修復できることもありますが、ウィルスが原因の場合はファイルデータそのものが失われてしまうこともあります。

また、hddが機械的に故障している「物理障害」の場合は、自分で何らかの方法で修復することは不可能と言って良いでしょう。壊れた機器の中に大切なデータが保存されたディスクが入っているわけですから、この状態で通電を繰り返せばデータ損傷の危険度が増加します。

「物理障害」の復旧のためには、クリーンルーム内でのhddの分解・修復作業が不可欠です。不用意にいじったために大切なデータが復旧不可能な状態になってしまうこともあるので、「物理障害」の復旧は必ずクリーンルームを完備した専門業者に依頼してください。

復旧業者に依頼した場合にかかる費用を見てみる>>

「物理障害」の症状と見分け方

hdd認識しない症状が「物理障害」によるものか「論理障害」によるものかの判断は、普通の人には難しいものです。しかし障害の状態を悪化させてしまうことを防ぐために、代表的な物理障害の症状について知っておくことは非常に有益でしょう。ここでは物理障害の主な症状と簡単な見分け方を、幾つか紹介します。

ハードディスクが回転しない

回転するときに全く振動を伴わないhddはありません。電源を入れてもhddの回転音が聞こえないときは、hddを取り外した状態で手に持って電源を入れてみます。それでも回転する振動が感じられないときは、hddが電気的、物理的トラブルによって回転していません。

ハードディスクが回転しない場合は、電源ケーブルの異常や基盤の故障、磁気ヘッドの癒着が原因として考えられます。ハードディスクを取り出して基盤に焦げた後や焦げ臭い匂いがあるときは、すぐに電源ケーブルを外して専門の復旧業者に修復を依頼してください。

異音がしてhdd認識しない

「カチカチ」と音がしてhddを認識しなかったりデータの読み込みができないことがあります。これはハードディスク上のデータを読みに行った磁気ヘッドがデータを見付け出すことができずに戻ってきて、何度もストッパーに当たっている音です。

データを見付け出すことができない原因はヘッドの汚れや破損、ヘッドを支えるアームの変形など、どれもディスク表面を傷つける可能性が高いものですから必要以上に通電しないことが肝心です。

落下・水没など

パソコンを高いところから落としてしまったり水没させた場合に自分で修理しようとすることはないと思いますが、もしかしたら動くかも知れないと電源を入れたり、乾かすために分解したりすることは非常に危険なので避けてください。

特に水に浸けてしまった場合はそのままなら比較的安全にデータを取り出せるのですが、通電してしまうと思わぬ事故の原因になります。hdd内のデータを復旧するか諦めるか選択して、自分ではいじらないのが賢明です。

 
hdd認識しない時のデータ復元業者選び